JNATIP 設立趣旨

JNATIPは、人身売買、女性に対する暴力、滞日外国人の人権侵害などの問題に取り組んできた全国のNGOや研究者・法律家が連帯したネットワークです。 日本における人身売買の実態を明らかにし、被害の防止・被害者の保護と支援・加害者の処罰等を内容とする実効性ある法律(人身売買禁止法)の制定を目指し、2003年10月に設立されました。

JNATIPの活動目的は、「人身売買を防ぎ、被害を受けた人たちを保護し、被害からの回復を支援する。
そして、人身売買を行った者を処罰する。そのために実効性ある法律を制定すること」です。

この目的を達成するために、

  • 1. 日本における人身売買の被害者調査プロジェクト
  • 2. 被害を受けた人たちへの保護支援を含む法律案の提言と立法へ向けてのロビーイング活動
  • 3. 人身売買問題への社会的関心を喚起する啓発キャンペーン

を行っています。

JNATIP 共同代表

  • 吉田容子(市民共同法律事務所 弁護士)
  • 鳥井一平(移住者と連帯する全国ネットワーク 代表理事)